顧客データを適正管理

ヘアセット

販促や経営分析にも活用

美容室のような対個人サービス業の場合、正確な顧客管理は非常に重要です。予約スケジュールを管理することはもちろん、顧客ごとの好みや髪質、トリートメントの利用頻度といった情報を詳細に把握することは、サービス向上のために欠かすことができません。こうした顧客管理に役立つのが、posシステムです。posシステムはもともとスーパーマーケットなどで商品の売上管理用に使われてきたシステムですが、美容室等における顧客データの管理にも活用することができます。1人1人の美容カルテとして使えるほか、過去の利用回数に応じてクーポンを発見したり、ダイレクトメール用の基礎データとするなど、販促業務にも役立てることができます。もちろん、pos本来の機能である売上管理機能を使えば、メニューごとの売上高の推移をグラフ化したりすることで、経営分析の助けにもなります。現在では、さまざまな事業者から美容室向けのposシステムが販売されています。導入に必要な費用は数万円程度から100万円超まで非常に大きな幅がありますが、これはシステム構成によります。数万円程度の製品はパッケージソフトのみの仕様で、手持ちのパソコン等にインストールして使います。100万円を超えるのは専用のレジを購入するタイプで、クレジット決済端末など周辺機器もセットになっています。また、レンタル・リースでも提供されており、こちらは月々1万〜1万5千円程度の費用で利用できるようになっています。美容室向けとして特に評判の良いのが、タブレットPCにインストールして使用するタイプです。顧客の座る椅子のすぐ近くまで持ち運び、操作を行うことができます。

Copyright© 2017 店舗経営を効率的に行なうために|美容室にposレジを導入しよう All Rights Reserved.